1. 介護・福祉施設お仕事情報.netトップ > 
  2. 面接時のポイント

面接で見られているポイントは・・・
「能 力」 「意 欲」 「適応性」 の3つです。
自己PR の場ですので、この3点で良い印象を持ってもらうよう心掛けましょう。

■「能 力」について

その仕事ができる技能や能力があるか?

自分の今までのキャリア・スキル・資格などについては、職務経歴書にまとめておくと良いでしょう。
その上で、自分の能力をその会社でいかに生かせるかをアピールします。
未経験の職種に応募する場合には、技能や資格を身につけるために勉強したことや、自分の性格や能力を活かせそうなことなどを具体的にアピールすると良いでしょう。

理解力・表現力はあるか?

問われた内容について、的確に答えるためには事前の下準備が必要です。履歴書・職務経歴書に書いた内容や、その他尋ねられそうな内容については、前もって答えを用意しておきましょう。
緊張すると、早口になるくせがある人は、普段よりもゆっくりと話すように心がけてみましょう。その方が、落ち着いた印象になりますし、考えをまとめながら話すことができます。


■「意 欲」について

志望理由は何か?

なぜその会社・その職種を志望したのかという理由について、自分の言葉でアピールしましょう。
できれば、いままでの経験の中で具体的なエピソードもまじえて話をすると良いでしょう。
ただあまり長すぎないようにしましょう。

やる気はあるか?

「意欲的」「やる気がある」という印象をもってもらうためには、言葉以外のメッセージ(姿勢・表情・声の調子・服装など)も重要です。背筋を伸ばしたきちんとした姿勢、明るい表情、適切な音量ではっきりした声を心がけましょう。また清潔感のある服装や髪型にしましょう。

■「適応性」について

周囲と協調していけるか?

人付き合いが悪く無愛想な人や、他人の意見を聞かない横柄な人は、チームワークを組んで仕事をしていく上で、適さないと思われます。
協調性のある付き合いやすい人という印象を持ってもらうためにも、言葉だけでなく、身だしなみやマナー、姿勢や表情などが重要です。

仕事を続けていけるか?

特に正社員採用の場合には、この先、長期にわたって働けるのかどうかもチェックされています。継続的に頑張っていきたいという姿勢をアピールしましょう。

介護福祉施設でよくある質問について

ここでは介護施設で、よく面接で聞かれる項目を上げています。最低限答えられるように準備しておきましょう。

  • Q1 どうして看護(介護)の仕事をしようと思ったのですか?
  • Q2 どうして当社(当施設)を選んだのですか?
  • Q3 当社(当施設)に入社したらどんなこと(仕事)をしたいですか?
  • Q4 どのようにして当社(当施設)に貢献できますか?
  • Q5 (履歴書より)退職・転職理由を教えて下さい。
          (ブランク、休職期間がある場合)その期間何をしていましたか?
  • Q6 あなたの看護感(介護感)を教えて下さい。
  • Q7 看護(介護)の仕事をしていく上で、何が一番大切だと思いますか?
  • Q8 認知症の利用者様の対応をする際に気を付けていることを教えて下さい。
  • Q9 あなたの長所・短所を教えて下さい。
  • Q10 何か質問はありますか?(※特に何もない場合は無理に質問しないようにしましょう)

最後に・・・

心の準備はできましたか? 久しぶりの面接で緊張しているのではないでしょうか?
医療・福祉の仕事で何より大切なポイントは『笑顔』です。
すてきな笑顔を絶やさずにリラックスして面接に挑みましょう!


プロのコンサルタント

FLOW

就職までの流れ

  • コンサルタントに相談
  • ご希望内容の確認
    紹介先の確定
  • ご紹介
  • 面接
  • ご入職
横浜・川崎市の介護・福祉施設の求人転職情報は「介護・福祉施設お仕事情報.net」にお任せください。
キャリアコーディネーターに相談する 求人情報へのお問い合わせ・ご相談は

Copyright (c) 介護・福祉施設 お仕事情報.net All Rights Reserved