1. 介護・福祉施設お仕事情報.netトップ > 
  2. 現場あるある

介護施設でのありがち対応と工夫対応

介護施設でよくある対応とその工夫対応をご紹介します。
是非、現場での参考にしてください。

食事介助でのやり取り

高齢者施設に入居をしている利用者様Aさん。食事をするとき持病疾患が原因で大きく前かがみになってしまうため食事介助を必要とする。
ある日の事、介助者(以下:じょぶざる)が食事の進まないAさんに介助中声かけを行いました。

よくある普通の対応

じょぶざる Aさん、お食事ですよ。
Aさん 食べたくない。
じょぶざる 食べないと身体が持ちませんよ。
Aさん 食べたって健康になれないんだから、いらない。
じょぶざる そんな悲しいこと言わないでください。
元気を出すためにも食べましょう。
 
辛い気持ちを理解しようとしていることを伝えてみる

持病に苦しんでいる方には、私たちには計り知れない辛さがあると思います。
その気持ちのすべてを体感することはできないとしても、気持ちを理解しようとすることはできるはずです。
一概には言えませんが、身近にいる人が「理解しようとする」ことが、ご利用者様にとっての喜びや支えになることもあります。
介助するにあたっては精神的ケアが求められる場面もあるなど、どのような声掛けをすればいいのか悩むことも多くあります。
拒絶されることもあるでしょうが、どんな場面でも寄りそう気持ちを忘れずに少しずつでも信頼を積み重ねることが大切です。

理解しようとしている対応例

Aさん 食べたって健康になれないんだから、いらない。
じょぶざる つらい思いをされていたのですね。
私に出来ることがあれば遠慮なく言ってください。
食事は食べたくなった時でいいですよ。
横になってお休みになりますか?
Aさん いや、温かい飲み物がほしい。
じょぶざる すぐにご用意しますね。
 

職場での一場面

高齢者施設で働いている「じょぶざるさん」が食事介助をしているときのこと。すでに食事を終えた利用者のSさんは、「ねぇねぇ。じょぶざるさん、話しがあるんだけど」と近づいてきました。

よくある普通の対応

Sさん ねぇねぇ。じょぶざるさん。
じょぶざる ちょっと待ってて。
Sさん ・・・・。(20分経過)
じょぶざる Sさん、お待たせしました。
お話ってなんですか?
Sさん あんな冷たい言い方しなくてもいいんじゃないの・・・。
じょぶざる すみませんでした。さっきは忙しかったんで。
Sさん 忙しい、忙しいって!
そんなに私を無視したいのなら、もう結構です!!
(不穏状態)
 
辛い気持ちを理解しようとしていることを伝えてみる

忙しい時に声をかかえられた際、言いがちなのが「ちょっと待ってて」という言葉です。
かける側としてみれば、何の気なしに言ってしまう言葉ですが、利用者は「適当にあしらわれた」「私のことを軽視している」と受け止めてしまうことが多々あります。こうした行き違いを避けるためにも「20分後」という具体的に示すことが大切。
忙しい時には、「後で」という受け答えもしがちですが、その時と同様に、「10分待ってもらえますか?」「10分後に声掛けますね」など、具体的に伝えることが大切。加えて大切なのは、「約束は必ず守ること。」と「お待たせして、申し訳ございません。」と謝罪の言葉を伝えること。ちょっとした一言でコミュニケーションを円滑にすることができます。

具体的に示した例

Sさん ねぇねぇ。じょぶざるさん、お話があるんだけど。
じょぶざる すみません。今、手が離せないのですが、
終わったらSさんとの時間を取ることができます。
20分後でも大丈夫ですか?
Sさん 20分後ね。
わかったわ、部屋のテレビを見ながら待っているわね
じょぶざる ありがとうございます。伺います。
 
プロのコンサルタント

FLOW

就職までの流れ

  • コンサルタントに相談
  • ご希望内容の確認
    紹介先の確定
  • ご紹介
  • 面接
  • ご入職
横浜・川崎市の介護・福祉施設の求人転職情報は「介護・福祉施設お仕事情報.net」にお任せください。
キャリアコーディネーターに相談する 求人情報へのお問い合わせ・ご相談は

Copyright (c) 介護・福祉施設 お仕事情報.net All Rights Reserved